サンフランシスコのお茶がテーマのレストラン「Samovar」は、外出を控える人たちのために新しい「定額制ミールプラン」の提供を開始した。

Samovarでは、家族で食べられるヘルシーかつ便利なミールプランを、店舗での受け取りまたはデリバリーの形式で提供。

メニューは、地元から仕入れられるもので作られており、朝食プランから昼食プラン、夕食プランまで選ぶことができる。新型コロナウイルスの拡大により、外に出て買い出しに行くことも難しい人たちのためにも、今後は食材や生活雑貨のデリバリーも予定しているという。

Samovarの創業者であるJesse Jacobs(ジェシー・ジェイコブズ)氏が、この定額制ミールプランの発案者。

このアイデアを実現させるのに背中を押したのは、新型コロナウイルスの感染拡大により、70人ものスタッフを解雇しなければならなかったこと、そして創業から18年の歴史を持つレストランの閉店に追い込まれたことであった。

定額制ミールプランを始めることで、Samovarは運営を続けることができるだけでなく、従業員の仕事を確保したり、外食ができない人たちに直接食事を提供することを可能にしている。

それぞれのミールプランの料金は以下の通りである。(各料金は一人分)

それぞれのメニューは、ベジタリアン、デイリーフリー、グルテンフリーのオプションもあり、店舗受け取りまたはデリバリーのスケジュールも自由に選ぶことができる。

サンフランシスコ圏内であればデリバリーに対応しており、店舗受け取りは各店舗にて行っているという。

Samovarでは、その他にもギフトカード、そしてティーセットなどギフト商品などをオンラインで販売している。