資生堂は、IoT技術を活用したスキンケアサービスブランド「オプチューン(Optune)」の提供を開始した。本サービスは、同社初となるサブスクリプションサービスで、月額1万円で利用が可能。

オプチューンは、モバイルアプリとマシンを使用し、温湿度データをはじめとする環境データ(花粉やPM2.5など)や肌測定データ、睡眠データに基づき体内リズムの乱れなどを独自のアルゴリズムで分析し、その時々に合わせたスキンケアの提供を実現している。

iPhoneを利用して、カメラを自分に向けて肌を診断する。そして肌のコンディションに合わせて、8万通りの抽出パターンから種類や量を決定し、その時々に合わせたスキンケアが提供される。

本サービスの開発背景に、仕事と家庭の両立などにより、毎日のスキンケアになかなか手をかけられない忙しい女性が増えていることにある。

「オプチューン(Optune)」は現在日本のみで利用できる新サービスだが、結果によっては今後海外でも提供される予定である。(海外での提供には、さらなる肌へのニーズを理解しなければならないことから改善が必要と考えられる)