Facebookから正式に、独自の仮想通貨「Libra」が新しく導入されることが発表された。このLibraをサポートする同協会のパートナーの一つに音楽ストリーミングで知られる「Spotify」が参入しており、仮想通貨の導入で新規ユーザーの獲得を狙っている。

Spotifyではこれまで、簡単な決済方法の提供が不十分なことを課題としており、今回の仮想通貨導入により、その課題を解消したいと考えている。

Facebook独自の仮想通貨であるLibraは、Libra Association(リブラ協会)の下、コンソーシアム型で合議制によって運営される。協会メンバーには、Visa、Mastercard、Paypal、Stripeなどの決済機関だけでなく、Uber、Lyft、Ebayなどのテック企業も参入している。

Libraは2020年に利用開始が予定されており、PaypalやVenmoと同じように、簡単に送金することができる。電子ウォレットにて保管される通貨は、FacebookのメッセンジャーやWhatsappに同期したり、単体のアプリとして利用することが可能である。

ブロックチェーンの技術を使うという面では、「Bitcoin」と似ているこの仮想通貨だが、実在する資産によって価値を裏付けることで、従来の仮想通貨のような激しい価格変動を抑え、安定した通貨を実現している。また、不正行為から保護もしてくれるため、仮想通貨が万が一盗まれた時にも返金対応をしてくれるという。

特に、クレジットカードや銀行口座をもたない成人が、世界中で17億人いることからも、この新しい仮想通貨により新しい市場価値を生み出すことができると考えられる。Spotifyはブログ投稿にて、LibraユーザーにSpotifyのプレミアムプランを利用してもらえると述べている。