音楽配信サービスのSpotifyは、複数アカウントを登録できる「ファミリープラン」の登録者を増やすために、新しく子ども向けアプリ「Spotify キッズ」を始めた。

「Spotify キッズ」では、3歳〜の年齢に応じた楽曲やカラオケ曲、サウンドトラック、そして童話などにアクセスができる。「Spotify キッズ」のベーター版が最初にリリースされたのはアイルランドで、10月30日からサービスを開始していり。今後、Spotifyプレミアムのファミリープランが提供されている国にサービスを拡大するとしている。

現在、ファミリープランは米国で月額14.99ドルで提供されており、6つのアカウントまで登録が可能。Spotifyの標準プレミアムプランが9.99ドルであるのと比べるとお得である。

アイルランドで最初にローンチされた時の「Spotify キッズ」は、合計6,000曲が含まれる80のプレイリストにアクセスが可能。アプリ「Spotify キッズ」が今後サービスを拡大すれば、コンテンツ数も増えると予想される。

コンテンツには「Audio for Younger Kids」(カラオケ曲、子守唄、サウンドトラック)と「Audio for Older Kids」(人気のキッズ曲)があり、子どもの年齢に合わせて選ぶことができる。特定の年齢に適切かの表示はないため、両親が選んで使うことができる。

Spotifyでは、この「Spotify キッズ」を開発するにあたり、NickelodeonやDisney、Discovery Kids、Universal Picturesを手がけるスタッフと共同で選曲が行われた。さらに、通常のようなSpotify広告も流れないため、子どもが使っても安心だ。

「Spotify キッズ」は、現在のファミリープランへの追加料金だけでアクセス可能となる。