大手音楽ストリーミングサービス「Spotify(スポティファイ)」では、ファミリープランが本当に「家族」 間で使われているかどうか調べるために、位置情報をトラッキングすることを検討している。

ファミリープランは15ドル(日本では1,480円)で6人までがSpotifyのプレミアムプランに登録ができるプランである。しかしこのプランに登録するには、登録者6人が同じ住所に住んでいることが条件だが、実際にはそうではないことが多いという。

昨月、Spotifyは利用規約を更新しており、定期的にファミリープラン登録者の位置データを提示することが義務づけられている。Spotifyはこの位置情報を「家族」間で使われることを確認するためだとしており、それ以外の目的では使わないことを強調している。

Spotifyでは、月間アクティブユーザー数(無料プランも含めて)が、第二四半期には29%増加し約2.3億人に達していると発表している。