アムステルダムで2015年に創設された「Swapfiets(スワップ・フィッツ)」は、新しくビジネス向けに定額制の自転車乗り放題サービス『Swapfiets for Business』を開始した。本サービスは、オランダ、ベルギー、ドイツ、そしてデンマークにて利用可能となる。

『Swapfiets for Business』により、ビジネスマンは通勤や外出、出張時にいつでも自転車を定額で利用が可能。従業員のために自転車を購入する必要がなく、必要な時期だけ定額制で利用ができるなど企業にとってメリットが多い。また、自転車の修理も自宅や会社、Swapfiets店舗にてすぐに対応もしてくれるという。

ビジネスマンにとって主要交通手段ではあった自動車は、欧州の大都市では交通渋滞やCO2排出を減らすため、自転車に取って代わるようになった。2020年には、税金問題により、自転車を使うビジネスマンの数が40〜50%増加すると予想もされている。この動向を受けて、同じように企業向けにサービスを提供する自転車シェアリング企業も増えており、1アカウントで5千台もの自転車を借りることができるプランも。

『Swapfiets for Business』には、従業員向け自転車(employee bike)、企業向け自転車(company bike)、そしてホテル向け自転車(hotel bike)の3つのオプションが提供されている。従業員向け自転車では、企業の全従業員に自転車が支給され、企業向け自転車では、外出をする従業員がすぐに自転車にアクセスができる。最後にホテル向け自転車は、滞在者に自転車を貸し出しできるサービスとなっている。