Tesla(テスラ)では、新しい「ソーラーパネル」の2ヶ月間無料提供を開始した。

Teslaのソーラーパネルは全4種類あり、初期費用なしで自宅にソーラーパネルを設置することができる。以下は、それぞれの種類の詳細である。

  • Small(スモール):37.8 kW(1日に平均で14〜19 kWhを貯められる)
  • Medium(ミディアム):7.56 kW(1日に平均で29〜39 kWhを貯められる)
  • Large(ラージ):11.34 kW(1日に平均で43〜58 kWhを貯められる)
  • X-Large(エックスラージ):15.12 kW(1日に平均で58〜77 kWhを貯められる)

Teslaでは、2019年の第4四半期に、54 MW (メガワット) のソーラーパネルの開発に成功。この数字は、前四半期と比べると26%増加している。

Teslaのソーラーパネルは、サブスクリプション型で、Teslaのソーラーパネル事業の売上の大半を占めている。

通常多額の資金が必要となるソーラーパネルの設置だが、定額制で始められることから始めやすいところが魅力となっている。設置するだけで、自宅の電気として使えるだけでなく、収入源にもなる。

米国の平均的な大きさの家では、ソーラーパネルを導入するのに、平均で18,000(約197万円)〜20,000ドル(約220万円)かかる。またソーラーパネルに投資をして、元が取れるようになるまで平均で8年は必要と言われている。

Teslaのソーラーパネルの場合、設置からすぐに収入を稼げるため、すぐに大きな資金が必要ではない。

現在、Teslaの定額制ソーラーパネルは、アリゾナ州、カリフォルニア州、コネチカット州、マサチューセッツ州、ニュージャージー州、ニューメキシコ州で購入可能である。