ニュースをオーディオで聴ける「Audm」が、米ニューヨーク・タイムズ誌によって買収された。

ニュース記事をオーディオで聴けるサービスには、Audmの他に「Pocket」や「Instapaper」などのアプリがある。これらのアプリではニュースを自動音声が読み上げているが、Audmではプロの声優がニュースを読み上げている。

これにより、Audmではニュースをポッドキャストのように聴くことができる特長がある。

Audmは、Yコンビネータが手がける、スタートアップ・アクセラレータープログラムに2017年に参加しており、ビジネス拡大の支援を受けている。

当時は、WIRED、The Atlantic、Esquire、Harper’s Bazaar、The New York Review of Books、ProPublica、London Review of Booksなどの出版メディアと提携を結び、コンテンツを提供してきた。

現在では、Outside、BuzzFeed News、Vanity Fair、The New Yorker、New York、Rolling Stone、Texas Monthlyなどのメディアとも提携を行っている。

Audmは過去に、ニューヨーク・タイムズ誌とコラボコンテンツを提供していたこともあり、今回の買収によって今後もコンテンツが豊富になると考えられる。

ニューヨーク・タイムズ誌では、これまでにオーディオコンテンツに投資を行っている。毎週日曜日に更新される、ニュースを読み上げる「The Daily」は人気ポッドキャストとなっている。

Audmアプリは、3日間の無料トライアルを提供しており、月額8.99ドルまたは年間59.99ドルで利用が可能。買収後のAudmアプリのビジネスモデルについては、まだ発表されていない。

アップルストアによると、Audmは「Magazines & Newspapers(雑誌 & 新聞)」カテゴリーのランキングで20位となっている。