子どもがいる家庭にとって、おもちゃの整理に頭を悩まされることも多いはず。毎年、もう使わなくなったおもちゃや、年齢に合わなくなったおもちゃを捨てるのは大変である。そんな悩みを解決するために生まれたのが「Toy Library」である。

Toy Libraryは、毎月定額でおもちゃが自宅まで届き、子どもの気に入ったおもちゃだけキープをし、残りは送り返すことができるサブスクリプションサービスである。Toy Libraryの提供するおもちゃのブランドには、レゴ、ディズニー、アメリカンガール、マーベル、K’nex、リープフロッグ、レゴDuplo など人気ラインナップが揃っている。

サブスクリプションプランは複数あるが、一番お手頃価格のプランが19.55ドルプランである。毎回送られてくるおもちゃを好きなだけ楽しみ、その中から気に入ったおもちゃを2つまでキープできる。気に入らなかったものは送り返すことができ、その分の配送料は返金してくれる。また、届くおもちゃはToy Library側で消毒をして送られてくる。

またToy Libraryでは、児童発育の専門家によって、大事なスキルを発達できるような知育玩具を年齢によって厳選して、一人一人の子どもに合わせて提供している。子どもの年齢情報やキープしたおもちゃの情報から、どんなおもちゃが最適かどうかオススメもしてくれるという。

Toy Libraryは、TIME誌、放送番組「グッド・モーニング・アメリカ」、CNNにこれまで特集されたほど、その信頼性も高い。「玩具シェアリングサブスクリプション」を提供する会社は増え始めており、どう消費者に受け入れられるか気になるところである。その他の玩具サブスクリプションについては下記からも見ることができる。