トヨタ自動車は2019年初旬にサブスクリプションサービス『KINTO』を開始することを発表した。

詳細についてはまだ検討中段階ではあるものの、ボルボから提供される「ボルボケア」と似たようなサブスクリプションスタイルである。

通常のサブスクリプションサービスと同様に、月額の支払いに税金や保険、メンテナンス費用が含まれており、マイレージを気にすることなく好きなだけトヨタ車を楽しむことができる。

トヨタ自動車は今回のサブスクリプションサービスについて「好きなクルマ・乗りたいクルマを自由に選び、好きなだけ楽しんでいただくことができます」と述べている。

今回のトヨタのKINTOがボルボケアと違っている点は、決められた使用期間がないことである。そのため、他の車を試したくなればすぐに交換ができ、必要でなくなれば好きなタイミングで返品が可能だという。

また、コネクティッド技術を活用した安全運転・エコ運転の度合いや販売店への定期入庫などをポイント化し、車を大切に扱うドライバーに還元するプログラムも展開する予定である。

詳細については今後決定される予定であるが、まずは東京地区でトライアルが実施される。そこでの成功が実証されたならば、世界中にも展開される日も近いであろう。