配車アプリであるUber(ウーバー)は、配車とフードデリバリー(Uber Eats)、自転車、スクーター全てのサービスをセットにした新しい定額制サブスクリプションサービスを試験的に導入している。

サンフランシスコとシカゴにてそれぞれ試験を実施しており、配車での固定額のディスカウント、無料フードデリバリー、無料JUMP利用(自転車とスクーター)が付いてくる。このサービスは、月額24.99ドルで試験中だ。

Uberはこれまで、月額24.99ドルの配車サブスクリプションサービス「Uber Pass」、Uber Eatsにて月額9.99ドル、配送料無料のサブスクリプション「Uber Eats Pass」を実施しており、今回はじめてUberが提供するサービス全てに月額料金でアクセスができるサービスを開始した。

自転車や電動スクーターのシェアリングが欧米で人気を集めており、他社との差別化を測ることがUberの課題とされてきたが、今回全てのサービスを一つにすることで、Uberファンを惹きつける事ができる賢い戦略だと言える。

これにより、配車や自転車のシェアリングサービスを行う競合の「Lyft」のサービスをいつもは使っているという人でも、近くにUberの自転車サービスがあれば受け取り場所が少し遠いとしても、すでにセットプランに含まれているため使う確率も高くなると考えられる。

一方で、Uberでは提供する乗り捨て型シェアサイクル「JUMP BIKES」を今回サンフランシスコにてローンチをしたばかりでもある。そして今回のセットプランがサンフランシスコでも使えるとなると、Uberに投資をする人も今後増えるのではないかと予想される。