Z世代の間で話題の写真加工・動画編集アプリ「VSCO」では、動画編集に新しい機能を追加した。これまで動画の編集しかできなかったVSCOでは、新たに編集した動画を投稿したり、VSCOフィード上で直接シェアしたりできるようになった。

過去数年の間に、VSCOで動画を編集するユーザーが倍増している。VSCOがリリースした、GIFが作れるアプリ「DSCO」も同様に人気である。12月には、動画テクノロジー企業であるRyloを買収したVSCOは、動画編集ビジネスに参入する動きを徐々に見せてきた。

現在使える、VSCOの動画編集の機能は、写真の編集機能と同様のもので、プリセットの使用や、エクスポージャー(露出度)やコントラスト(明暗対比度)などの調整である。今回の新機能登場の発表では、Ryloのテクノロジーを使って、今後、動画編集機能をさらに充実させることを言及している。

2011年にローンチされた「VSCO」は、インスタ映えに写真を編集するティーネイジャーが”VSCO GIRL(ヴィスコガール)”と呼ばれたことをきっかけに、‎Z世代の間で話題となったアプリ。

現在、VSCOの有料会員ユーザーは200万人を超えており、週のアクティブユーザー数は2,000万人以上である。さらに、今年2020年には有料会員ユーザーは400万人を超える見込みだ。有料会員は、19.99ドルの年間サブスクリプションに加入している人たちで、このサブスクリプションによる売上で、年間売上は8,000万ドル近くまで及んでいる。

VSCOは、ブランドの認知度をさらに高めるために、過去にSNSツール「Snapchat(スナップチャット)」と提携を結んで、写真と動画に適用できるSnapchatレンズを初めて提供している。さらに今回、動画編集と投稿を可能にしたことで、今後は「TikTok」ユーザーも取り込むことも可能になるだろう。