サブスクリプション型ビジネスを支えるプラットフォームを提供する「Zuora」の株価は、2018年以来株価が半減しており、ネガティブな評価を受けている。

株価が下がっている理由として、ソフトウェア導入の不備と、Zuoraが誤解を生む発言をしていたとの株主訴訟を受けていることが挙げられる。Shareholders Foundationは、訴訟はまだ和解していないとしている。

Equity AnalytxのリサーチアナリストであるSteve Auger氏は、Zuoraに対して、サービスの専門性が不十分と酷評している。その理由として、システムの導入、データマイグレーション、プロセスとトレーニングの改善などの点を不十分だと指摘している。